福祉車両のレンタルが可能なところ

福祉車両としては、車いすの人がそのまま搭乗できるようになっているタイプなどがよくあります。後ろのドアからそのまま車いすに乗ったまま搭乗できるようにしているようなタイプで、改造が必要なケースも多いです。そのため、一般的に購入するには多額になりやすく、したがって、一般の人が購入することはあまりありません。そんなときに福祉車両をレンタルしてくることで、対応が可能になることがよくあります。

福祉車両は、その他にも社会福祉法人などが所有する場合もありますが、中には利用者の数の増大に対応が仕切れず、一時的なレンタルで対応せざるを得ないこともあるものです。このとき、レンタルということで対応が出来る業者が限られてきます。事前にレンタル車両として求める福祉車両をしっかりと話をしておくことが望ましいものでしょう。ただ、福祉車両それ自体はいつでもレンタルが出来るとは限らず、借りる側が借りたいと思ったときには同業他社が借りていることもありますので、早めの対応が求められます。

また、福祉関係車両も必ず車検は受けなければなりません。車検に出している間は、この車両を使用することは一般的に出来ませんから、代車も用意が出来るようなところがあればいいのですが、通常はないでしょう。車検にしろ、他社が借りているにせよ、物理的に車両そのものが利用できなければ意味がありません。車両の空きを押さえるためには早めの予約が大事と言うことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です