福祉車両のレンタル料金の相場はどれくらいなのか

昔に比べて最近は、福祉車両の利用が普及してきている印象があります。実際に福祉車両のレンタル料金は一般車両のレンタルに比べてどれくらいの差額があるのでしょうか。公式サイトで掲載されている情報から相場を比較してみましょう。一般的な場合、現金払いやクレジット払いを考えると毎年かかる税金や保険、車検などにかかる料金はばらつきがみられ一定していないことがわかります。

先々までの支出が先読みできないことになります。しかし福祉車両をレンタルで購入する場合は車検、定期点検、税金などがあらかじめ毎月のレンタル料金に含まれているため、先々の支出費用は一定なのです。今の時代、一定料金でできるコースに加えてメンテナンスパッケージがついた特典もでてきています。メンテナンスパッケージの中には、6か月毎のエンジンオイル交換や、車検時の冷却水交換、ブレーキオイルの交換をはじめ、12か月ごとのエレメント交換などがあります。

これらの特典がついた料金はどうしてお安くできるのでしょうか。それは、本体車両価格から残価(売却予想価格)を引いた値段となるため、月々にかかるコストが削減できるのです。介護される方には車いすに乗ったままの移動が可能であり、快適な空間も必要です。また介護する方には安全性が高く容易に使える福祉車両であることが条件となります。

最近ではウェルキャブレンタカーの人気があがってきており、おすすめできる車両です。基本料金は6時間までが5940円。超過料金が毎時1080円となっています。ぜひご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です