遠くにいる利用者にもレンタルの福祉車両が届けられる

利用したい一方でレンタルの福祉車両を管理する業者が遠方にしか存在しなければ、わざわざ事務所へ出向くことなく提供されるところを選びます。指定された地域の範囲内ならばレンタルの福祉車両を利用者の居住地などへ走らせて届ける業者もありますから、いろいろな交通機関を活用することによって契約を結びにいかなくても済むというわけです。一方でレンタルの福祉車両という特性上、陸路に限って引き渡しが行われる傾向にあります。とりわけ離島は対象外と定めているところがほとんどなので、活動者の希望が叶わない場合も覚悟しなくてはいけません。

物理的な距離だけでなく、潮風によって錆が生じる旨が離島へのレンタルの福祉車両の移動を躊躇させている要因です。精密な構造を有していますから、自然環境による影響を最小限にしておく必要があります。海上での輸送中に揺れで一部の機能に不具合が生じやすい点も、離島へ向かわない業者が抱えていることです。走行以外で生じる揺れは好ましくないので、陸路が中心になるというわけです。

使い終わったら業者側が引き取りに来てくれることがほとんどですが、ときおり営業所までレンタルの福祉車両を運転して返却するように指示されるので事前確認を要します。付属品が選択できるときにも、双方が密に連絡を取り合います。伝え忘れてしまえば、業者は取りに戻る余裕がなくなり現地調達せざるを得ません。介護の現場で用いる道具は特注であることが多いので、事前連絡は欠かせないというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です