福祉車両はレンタルで利用可能

高齢化社会であることもあり、自宅に介護が必要な高齢者がいる家庭は多いのではないでしょうか。介護が必要な高齢者がいる家庭で困ることに外出があります。車に乗り込むためにはそれなりの筋力が必要ですし、座席に座っておくのにも座位を維持するだけの能力が必要になります。介護される側だけでなく、介護する側にも技術が必要とされるため、場合によっては転倒や転落、ぎっくり腰などの事故につながる可能性もあります。

介護が必要な高齢者がいる家庭に利用してもらいたいのが福祉車両です。福祉車両というのは介護が必要な高齢者や障害者が車に乗り込みやすいようになっている車のことを言います。車椅子の状態のまま乗り込むことができるものや、座席がモーターによって外にスライドして出てくるタイプなどがあります。購入するとなると高価な福祉車両ですが、最近ではレンタカーで導入されており、レンタルすることで簡単に利用することが可能になっています。

コンパクトカータイプのものから、ワゴンタイプの大きなものまでがレンタルできるので、要介護者の身体能力などにあわせて選択することが可能です。使用方法についてはレンタルする際に説明をしてくれるので、心配する必要はありません。外出することができるようになると、一緒に買い物や旅行を楽しんだりすることができるようになり、生活の質は大きく向上することになります。興味がある人は利用してみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です