レンタルもできる福祉車両

福祉車両は高齢者や障害のある人などのための色々な工夫が施された車のことです。自分で運転するものを自操式、自走式、移送や介助がしやすいように工夫してあるものを介助式、介護式と呼びます。自操式は、運転席が改造してある車、電動椅子、シニアカーのことです。介護式は、座席が回転したり、後に車椅子を乗せたりすることができる車のことです。

公共交通機関においては、バリアフリーの車両、ノンステップバスがあります。福祉タクシーなどもそうです。入浴巡回車も福祉車両です。福祉車両を所有していれば活動範囲が広くなりますが、その購入や維持に大きなコストがかかります。

福祉車両のレンタルのサービスを利用してはいかがでしょうか。レンタルのサービスでは、介護式が多いですが、自操式も取り扱っている所もあります。レンタルの仕方としては、初めての場合、先ずは現住所、本人確認ができる身分証明書を提示してください。そして、手続きをしましょう。

また、走行中に不具合、故障が発生した場合はどうすれば良いのか分からないという人も多いでしょう。不具合、故障が発生した場合、そのお店に連絡して係員の指示を受けましょう。丁寧にアドバイスしてくれます。走行に支障がある場合、応急処置をしてくれます。

また、代わりの福祉車両を希望すればその手配をしてくれます。万が一、事故を起こしてしまった場合についても、同じようにその店に連絡して係員の指示を受けましょう。24時間のレンタカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です