福祉車両のレンタルで効果的な介護活動を実現できます

介護施設にとって大きな問題の一つに要介護者の移動が有ります。要介護者の多くは自分で歩行する事が困難な場合が多く、自動車の乗り降りなどは介助が必要で且つ時間が掛かってしまうことが多いものです。その為、送迎などの際にも多くの人を送迎する場合には多くの時間が掛かってしまい、施設利用の時間が削られてしまうことも少なくありません。さらに、送迎や介助を行う人の負担も非常に大きい点も問題となっています。

特に車いすを利用している人にとっては自動車の乗り降りには危険が伴い、恐怖心を持っている人もすくなくありません。このような人の効率的な移動を行う為に多くの福祉車両が製造され販売されていますが、その価格が高額で有るため、多くの中小の介護施設ではなかなか導入が出来ないのが実態です。しかし、近年ではこの福祉車両をレンタルする会社が増えています。福祉車両をレンタルできることで移動の際の効率が良くなり施設を要介護者の人が利用できる時間が長くなるほか、安全に乗車できるためのいろいろな機能が備わっているため、要介護者の人も恐怖を感じることなく快適に移動することが出来る様になりました。

さらに施設にとってもレンタルを利用することで安価で福祉車両を導入できるため経営コストを圧迫しないほか、快適な送迎が魅力となり入所者が増えるというメリットがあります。福祉車両のレンタルを利用することは単に業務効率を高め入所者に快適さを与えるだけでなく、介護施設自身の経営にも大きな影響を与えるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です