福祉車両をレンタルで使用するというのも賢明な策です

いまや、介護や看護は社会的な課題となっています。超高齢社会を迎えつつある昨今、ますます、福祉の問題は切迫感をもって迫ってくるに違いありません。そういった中で、福祉車両への関心は一層高くなってきています。障害を持っている人が、椅子に座ったまま乗れるリフト付きの車や、あるいはスロープタイプの車など、種類も豊富です。

ほかにも、病院で使われている、車椅子やストレッチャーも乗れるタイプも用意されているのです。福祉車両では、車そのものと身体障害者手帳に対してと、二つの減免措置が認められています。減免の対象となるのは、消費税、自動車税、自動車取得税です。これは、介護タクシー事業者や医療機関の場合でも、中古福祉車両を購入するときに8ナンバー登録へ変更すれば、減免措置が受けられる場合もあります。

ただ、福祉車両を購入するとなると、購入のための資金が必要になってきます。特別な減免措置があるとはいえ、それでも高額の費用がかかります。必要な期間だけ、レンタル契約で借りるという方法もあります。レンタルですと、最初の多額の資金を用意しておく必要がありません。

レンタル料は定額ですので、資金計画も立てやすいです。さらに、事業所の場合は、レンタル料金は経費として全額損金に計上できますので、節税にもつながります。購入したものの、なんらかの事情で車を使う必要がなくなってしまうことも想定されます。そんなときでも、レンタルであれば返却するだけで、何の問題もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です