福祉車両をレンタルで

体が不自由になることはだれにでも起こりうることです。突然の事故や病気によって体の自由が利かなくなることもありますし、年を取ることで徐々に体の機能が失われていくことは必ずやってくる問題といえます。しかし、そのような状態になったからと言って自分らしく生きていくことをあきらめる必要はありません。特に体の自由が利かなくなると外出などがしづらくなり、どうしても社会との接点を失ってしまいがちになります。

そのような方がいる場合、積極的に車などで外に連れ出すことが有効な場合があります。しかし、通常の車では車いすのまま乗りにくいという事もあるので、そういった乗り降りのしやすさや車内の広さなど工夫が施された福祉車両を利用してみましょう。しかし、このような様々な改造がなされた福祉車両を購入するとなるとかなりの金額になりますから、それほど福祉車両の使用頻度が高くない場合には二の足を踏んでしまう事もあるでしょう。福祉施設やボランティア団体など継続的に使用頻度が高い場合は購入して元が取れるという事もありますが、個人での使用には少々ハードルが高いのも事実です。

レンタルであれば必要な時期だけ借りるという事もできますので費用を抑えることもできます。本格的に購入する前にレンタルで使い勝手などを確かめてみるという事もできます。生活の質を高め、自由に外出できる手段を持つために、福祉車両をレンタルで試してみることから始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です