福祉車両をリースするメリット

利用者の送迎など、介護事業には福祉車両が欠かせません。福祉車両を導入する方法として、購入・リースという二つの方法が考えられます。リースには、たくさんのメリットがあります。購入と比較して、どんなメリットがあるのでしょうか。

福祉車両の購入には、多額の資金が必要になります。まとまった資金を準備するのは、大変なことです。リースであれば、毎月一定の料金を支払うだけで済むので、多額の資金を準備する必要はありません。余った資金は他の用途に使えます。

また、月々の料金が決まっているため、車両にかかわるコストが月によって変動することがなくなります。車両コストが明確になり、資金計画が立てやすいというメリットもあります。購入すると、車検・点検・整備など、車両の維持・管理業務を行わなければなりません。リース会社は、これらの業務を代行してくれます。

面倒な車両の維持・管理業務をアウトソーシングできるため、介護事業者は車両の管理業務に人手を割く必要がなくなり、人材を有効活用できます。それだけでなく、車両の維持・管理にかかわるコストの削減にもつながります。また、事故や故障が発生したときも、ロードサービスや代車サービスが利用できるので、安心です。車両が故障しても、代車が利用できれば、利用者の送迎に支障をきたす心配はありません。

このように、リースであれば、資金の準備をすることなく、毎月決まった料金で福祉車両を利用できます。資金計画が立てやすくなり、車両の維持・管理業務が不要になるといったメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です