福祉車両のリースならシープで決まりです

福祉車両専門店のシープは多くの福祉車両を取り扱ているために、多くの企業に愛用されています。リース期間は5年間になっていますが、リースした車両が気に入った場合には再度契約をすることができるため、一度、シープの福祉車両をリースした企業は再度契約をしています。それには、しっかりとした理由がありますが、必ず共通点があります。自社で福祉車両を購入するとオイル交換などのメンテナンスに多額の費用が必要になりますが、シープのリース料にはメンテナンス料が全て込みになっているために、必要になるのは、ガソリン代のみで車両を維持することができます。

全てが福祉車両なので、車椅子に乗ったまま乗り降りが可能なリフトが付いているために、福祉の業界では長年に渡って利用されています。車椅子ごと乗り降りをすることができるために利用者が安全に移動することが可能な車両に仕上がっています。このシステムによって介護者の負担を大きく削減することができるために、施設のスタッフにとっても嬉しい車両ばかりが揃っています。最初はリースで使用していても気に入った車両があったらローンを組んで購入することもできるためにお試しで使用するのも良いでしょう。

会社は広島県にありますが、全国に対応しているために多くの企業がシープの車両を使用しているために、知名度が高いと言っても良いでしょう。シープは平成19年に設立した比較的新しい会社ですが、信用は日本でトップクラスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です