福祉車両をリースにするメリット

病院や介護施設などの福祉事業所でニーズの高い福祉車両。利用者の送迎など事業を行う上で必要不可欠な車両ですが、購入費や維持費用がかさんでしまうのも難点です。そこで福祉車両にまつわるさまざまな問題を解決できる方法としてリースにも注目が集まっています。車両をリースする専門業者の中には、福祉車両を取り揃えているところがたくさんあります。

リースにするメリットは購入費用の準備がなくても済むところです。毎月一定額の賃借料を支払うだけでいいので、一度に多額の資金を用意しなくても福祉車両の導入や更新をおこなうことができます。また賃借料には車両本体価格だけでなく、登録時の手数料やリース期間中の自賠責保険、車検時の重量税が含まれていますので、コスト的にも魅力があります。さらに購入して自社の車両とした場合は、メンテナンスもすべて自己の責任で行わなければいけませんが、リースにすればメンテナンスも業者に任せることが可能です。

プランも一律でなく、各業者が独自の工夫を凝らしたプランを用意していますので、予算に応じたプランを利用して価格を抑えることも、コストが少々高くなっても安心して利用できるようにすることも可能です。ただしプランがたくさん用意されている場合は、サービスの内容がそれぞれのプランによって異なりますので、その点については注意が必要です。内容をしっかり吟味して、自分たちのニーズを満たすプランや業者を選択しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です