福祉車両もリースが便利?

車椅子が載せられる福祉車両は、電動ウィンチや電動リフトなどの便利な設備がありますので、一般の車両よりもかなり高額になります。補助金等を利用しても負担は大きいものです。最近利用が増えているのが、福祉車両のリースです。高額な福祉車両を買うのではなく、借りるということです。

リースの場合、最も大きな負担であった初期費用が掛かりません。毎月一定の支払いをするだけで済みます。いろいろなコースがあり、車検や車両保険、自動車税などすべての費用を含めたコースもあり、その費用も含めた均等の毎月の支払いをするだけで、リース会社がやってくれます。車検や定期点検も自動的に会社がしてくれますので、車に関しては何もする必要がありません。

リース期間が終了となる時は、買い取り、再リース、新たな車に乗り換えることもできます。購入の場合にはないメリットです。慣れた車に乗り続けるのもいいのですが、車の機能は年々便利になりますので、余計な負担もなく乗り換えができるのは大きなメリットでもあります。電動システムの進化の速さもありますが、負荷を掛けますので傷みやすい部分でもあります。

常に新しい機能が使えるということは、運転者にとっても、車椅子に乗っている人にとっても、より便利で、より快適な車生活になります。法人であれば、初期費用が掛からない分を他の用途へと資金の有効活用ができます。毎月の支払いも一定ですから、資金計画も立てやすくなります。また、必要経費として処理もできますので、節税にもなります。

これからの自動車生活に欠かせない選択肢の一つです。24時間のレンタカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です